格闘代理戦争3rdシーズンを振り返り。平田選手の強さの秘密は?あい選手にも注目

スポーツ

格闘代理戦争3rdシーズンでは平田樹選手の圧勝でした。平田選手の強さの秘密はどこにあったのでしょうか?

格闘代理戦争ファンを対象に、3rdシーズンのおさらい、優勝した平田選手や注目選手のあい選手についてまとめてみました。

この記事を読めば、格闘代理戦争3rdシーズンの中心選手のバックグラウンドを理解でき、違った視点で試合を観戦することができるようになりますよ。

格闘代理戦争3rdシーズンとは?

格闘代理戦争3rdシーズンとは何だったのかと言えば、「女子総合格闘技の壮大なプロモーション活動」だと考えます。

そんなに女子格闘技には詳しくなかったのですが、以下のような知識を知りました。

・湯浅麗歌子選手が世界柔術選手権4連覇もしたすごい選手であること
・女子総合格闘技はDEEP JEWELSに強豪が集まっていること
・V.V Mei選手は今もなお現役でONEを主戦場に戦っていること

DEEP JEWELSの試合結果も気になってしまいますし、V.V Mei選手の試合も興味を持っています。

格闘代理戦争では、各陣営の推薦者が選手を教えるシーンや練習風景、私生活の一部をコンテンツにして配信しています。
単純に総合格闘技の試合だけでなく、出場選手の素顔も楽しむことができます。

そういった物語性を女子総合格闘技イベントに取り入れたので感心しました。この番組のおかげで女子総合格闘技に詳しくなった人も多いでしょう。

格闘代理戦争3rdでの平田選手の強さの秘密

格闘代理戦争3rdでは、桜井マッハ速人が推薦した平田樹選手がオール一本勝ちで優勝しました。
強さの秘密は、「寝技に持ち込むためまでの戦いの組み立て方」が素晴らしいのが原因だと考えています。

平田選手の試合を振り返ってみますと、1回戦は秋山推薦のパク・ボヒョン選手を腕ひしぎ逆十字、2回戦は佐藤ルミナ推薦のmio選手をチョークスリーパー、決勝では青木真也推薦の古瀬美月選手をV1アームロックと圧倒的な勝利を納めました。

平田選手は柔道出身なので、参加者選手の中でも締め技は得意でした。
最終的なフィニッシュをグラップリングに持ち込むためにどうしたらいいのか、対戦相手ごとにシュミレーションしていたと思われます。

・強烈なパンチを叩き込み、次も打撃で来ると見せかけてタックルでテイクダウンを奪う
・相手を金網に押し込み、膠着状態にする。ブレイクがかかって、相手が油断しているスキに即座にタックルしてテイクダウンを奪う
・打撃が得意なストライカーでは距離を縮め、突き放そうとする相手の力を利用して首投げによりテイクダウンを奪う

いろんなバリエーションでテイクダウンを奪い、寝技に持ち込めば平田選手の思うつぼでした。
雰囲気的にもチャンピオンになれる素質があるので、ONEでも活躍してほしいです。

格闘代理戦争3rd あい選手には何が足りなかった?

KRAZYBEEが推薦したあい選手は、上戸彩に似た美貌のため番組内でも人気でした。

あい選手には何が足りなかったのかと言えば、「勝ちパターンへ」が足りなかったのだと考えられます。

あい選手はもともとアマレス世界選手権でメダルを取るほどの実力者なので、テイクダウンしたらあい選手が有利になります。
マウントポジションからのパウンド、嫌がるところで腕を取っての腕ひしぎ十字固めという理想の流れで初戦では勝利しました。

しかし準決勝の古瀬戦では、古瀬選手の思い通りになってしまい、グラップリングで勝負をかけるための打撃をすべきでした。

プロ選手としてやっていくには、「勝ちパターン」を確立させることででしょう。く同じジムに山本美憂というバックグラウンドや戦い方が似通った偉大な選手がいるので、組み立て方を徹底的にマネるべきですね。

格闘代理戦争3rdシーズンの振り返りまとめ

格闘代理戦争3rdシーズンとは何だったのか振り返り、優勝した平田選手、注目選手であったあい選手についても分析してみました。

格闘代理戦争3rdシーズンでは、女子総合格闘技の認知度が上がったと考えられます。出場選手がどのような思いで試合に臨むのかなどの物語性が、熱狂的なファンを作り出しました。

優勝した平田選手の強さの秘密としては、「寝技に持ち込むための戦いの組み立て方」が挙げられます。ONEでチャンピオンになるために、グラップリングに磨きをかけていって欲しいです。

一方、あい選手は勝ちパターンを確立させるの先決ですね。大先輩である山本美憂選手を見本にするのが一番の近道でしょう。

タイトルとURLをコピーしました