【2019年】格闘代理戦争2ndの辻本選手はどうしてる?ツイッターが話題

スポーツ

格闘代理戦争2ndシーズンでは、秋山成勲 が推薦したユン・チャンミンが優勝しましたが、準優勝した辻本拳也選手も番組を盛り上げてくれましたね。

シーズン中には、あれほどツイッターを更新していた辻本選手でしたが、試合に敗れた後、更新が止まってしまいました。格闘代理戦争後の辻本選手はどうなっているのでしょうか?

今回、この記事では辻本選手が格闘代理戦争後、2019年4月現在何をしていたのか、辻本選手のツイッターはなぜ話題を集めていたのかについてまとめてみました。

格闘代理戦争2nd後の辻本拳也選手

格闘代理戦争2ndシーズンでユン・チャンミンに敗れ、準優勝に終わった辻本拳也選手は、試合後ツイッターの更新がピタリと止まったため、引退したとか失踪したとかいろいろな噂が流れました。

実際は、ツイッターも更新されています。本人のツイッターによれば、

「負けた直後はショックのあまり、番組や試合に関する話をするだけで怒りが湧いていたので格闘代理戦争については避けていました。しかし8月よりトレーニングも再開し、気持ちも落ち着いています。実は僕は東南アジアの某国に格闘技の修行に来ています。今後はしばらく、こちらで練習を続けるつもりです。」

また2018年10月には以下のツイートがありました。

「K-1アマチュア65kg優勝&MVPとったど?!10/14に開催された大会で優勝しやした。」

格闘代理戦争後、ショックで音信不通になったものの、東南アジアに武者修行に出かけた。
打撃を磨いて、2018年10月のK-1アマチュア65kgの大会で優勝したということです。

もともと辻本拳也選手は、KRAZYBEE・山本KIDの推薦選手でして、師匠である山本KID選手が亡くなったショックも大きかったと思われます。

試合に勝ち続けることが山本KID選手への最大の恩返しでしょうから、ユン・チャンミンにリベンジして欲しいですね。

格闘代理戦争 辻本のツイッターはなぜ話題?

検索エンジンで「格闘代理戦争 辻本」と検索すると、関連ワードに「ツイッター」が表示されます。辻本選手のツイッターはなぜ話題になっていたのでしょうか?

実は格闘代理戦争のシーズン中、辻本選手はツイッターを使い、相手を挑発したり、ファンを煽ったりして注目を集めていたためです。

例えば、決勝のユン・チャンミン戦直前では以下のようなツイートをしています。

「格闘代理戦争!次は日韓戦です!
そこで、日本の武道・格闘技関係者の方々、素人の方でもチャンミン対策についてのご意見やアドバイスを頂けたら嬉しいです!
どんなご意見でも良いので、参考にして戦略練っていきたいです!お力をお貸し下さい!何卒よろしくお願いします!」

日本VS韓国の図式にしたので、SNSでのバズらせ方が他の選手よりも一枚上手です。

辻本選手は同志社大学卒業後、リクルートに就職しています。格闘代理戦争に出場するために、リクルートを辞めたので、SNSマーケティングはお得意なんでしょう。

格闘代理戦争の辻本選手の現在は?

辻本選手は現在、K-1を主戦場として戦っています。
格闘代理戦争2ndシーズンは男子MMAでしたが、結局MMAルールは合わなかったのでしょう。得意の打撃のみで勝負したいということででしょうか。山本KID選手率いるKRAZYBEEで総合格闘技についてのテクニックを覚えたのに、なにだかもったいない気がします。

辻本選手は頭を使うファイターなので、「格闘代理戦争4thシーズン」に出場し、久保優太選手に教えもらえたら、もっと伸びたのではないかと思われます。

久保選手も頭脳派ファイターで、相手の試合の動画を何度も見て分析し、弱点を炙り出す戦術を取ります。
辻本選手とも相性がいい気がします。

まとめ

今回、辻本選手が格闘代理戦争後、2019年4月現在何をしているのか?辻本選手のツイッターはなぜ話題を集めてたのかについてまとめてみました。

辻本拳也選手は格闘代理戦争後、ショックで音信不通になったものの、東南アジアに武者修行に出ました。
そこで打撃を磨き、2018年10月のK-1アマチュア65kgの大会で優勝しています。

また辻本のツイッターが話題を集めているのは、格闘代理戦争のシーズン中、ツイッターを使って、相手を挑発したり、ファンを煽ったりして注目を集めたからです。辻本選手は同志社大学卒業後、リクルートに就職していますので、バズらせ方が他の選手よりも上手だったのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました