ロックを題材にした映像作品を語る

ディスクリプション入れるディスクリプション入れるディスクリプション入れるディスクリプション入れるディスクリプション入れる。

漫画作品の中にも

名作として名高い

外国で制作されたロックをモチーフにした作品は上記のようなもの、それ以外にも多く制作されているものの、後は実在するバンドのドキュメンタリ―映画といった内容になる。フィクションの、創造された世界で活躍する架空という点を含めるとどうやらそれほど作品は多くないのかもしれません。やはりロックこそリアルに実在する音楽だからこそ魅力に溢れ、そこに面白さがあるというのか。何がそこまでフィクションではダメなのかと言うと、そこまで大きな違いもないのでは。それというのも、日本にはロックを題材にして映像化された作品の中には名作とまで呼ばれているものもある。

日本でロックバンドが活躍する作品、というと中々異色な物が挙げられるが、今作は原作漫画でありながら高く評価され続けている物があった。知っている人もいるが、『BECK』という作品についてだ。こちらの作品は10代の少年たちが結成したバンドがのちに世界を震撼させるほどのビックバンドに成長していく物語となっている。恋に友情、そして芸能界での人気といった諸々の要素が含まれていますが、その結末は何ともすっきりとした終わり方となっている。

既に完結しているので、そうした点も含めてまずは作品概要から紹介していこう。

作品概要

今作の特徴としては、10代の若者がロックという音楽の素晴らしさに惹かれてバンド活動をしていく物語となります。学生時代、それも中学生から高校生という年代になっているので、まだ完結していなかった頃は多くの若者がBECKの面白さに熱狂したのではないでしょうか。この頃はバンド活動をしている人も多かったこともあり、誰もが作品で活躍する登場人物たちのように振る舞おうとする姿も見られた。

学園祭などの催し物で披露されるような事も、ライブハウスでの地道な活動をしている人といったような、そんなケースは今でもあります。日本で現在活躍し続けているロックバンドも、そうした軌跡を積み重ねてブレイクした。

ではBECKとはどのように物語が展開していくのか、それを簡単に主軸となるあらすじを抽出して見ていこう。

作品のあらすじ

田中幸雄、通称コユキは平凡な毎日に辟易していた。このままなにもないまま、退屈な自分で居続けなくてはならないという虚無感に襲われるも、どうして良いか分からず悶々とする日々。何をするべきかもわからなかったコユキの前に、突如奇抜な姿をした南竜介が現れる。自分とは真逆の存在に苦手意識を最初は示すものの、竜介がひと度ギターを演奏した瞬間、コユキはロックという音楽の虜になった。

自分もあんなふうに演奏してみたい、そう思ったコユキは竜介が結成しているバンドにサポートメンバーとして加入する。やがて天性のボーカル素養を見込まれてリードボーカル並びにギターも担当してBECKの中心的位置に立つのだった。メンバーの千葉恒美・平義行・桜井裕二などを始めとしたバンドメンバーと共に、BECKは日本だけでなく、アメリカを始めとした世界に認められる大物ロックバンドとして成長していくのだった。

ただの成功劇で終わらない

この作品の面白いところが、終盤で無事にアメリカで行ったツアーを大成功させ、日本へ凱旋ライブを行った時にメンバーは改めて気付かされる。音楽の面白さ、例え何処にいても、離れていても、同じ音が届けられる喜び、凄さ、そして楽しみを。世界を舞台に活躍するだけではない、どんな場所であろうとなかろうと演奏して観客と感動を共有するという喜びを見出すのだった。

その結果、後日にオファーされたヨーロッパツアーを一時的に保留として、ラストは日本全国を自動車で駆け巡りながらの音楽ツアーを開催するというところで物語が締めくくられているのです。青春マンガとはいったものですが、この作品の良さは最後のいついかなる時、そして場所にかぎらず最高の演奏を届けに行こうとする姿で完結しているのだ。

劇的に邁進するだったり、10数年後の成長した姿であの頃は、的なことにならない。今この瞬間に楽しめる演奏を全力で行う、そんなところに面白さの比重が置かれている。

ロック漫画の傑作

少年誌ではロックを題材にした漫画作品はそれなりに存在しています。BECKはその中でも代表格となっているので、連載されている際には毎回楽しみにしていたという人も多いでしょう。作品人気に押されて多くの人がロックバンドを始めた人も少なくなさそうだ。

音楽の面白さ、凄さを濃密に描いている今作は現在進行形でロックバンドを結成して活動している若者に、一度は読んでおいてもらいたい作品と言っても良い。

MENU